Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://aihp.blog33.fc2.com/tb.php/149-cc9671cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

新感覚!ジャズとブリテンの融合

ハープの友達の彼が、同じ学校のジャズサックス科の学生なので、
(ロイヤルアカデミーにジャズサックス科があるとはしりませんでした;;)
ライブに行ってきました!

カムデンのイタリアンレストラン?の奥の部屋にステージがあって、
広くもなく狭くもなくいい感じ。

36724_1536244972386_1422714097_31452066_3160883_n.jpg


私はジャズはまだ勉強中なのでよくわからないけど、
ジャズの分野にもクラシック、モダンがあって
そうやって考えると、彼らのはコンテンポラリー!!

前半は彼らの新作。後半はフリープレイでした。
友達の彼、Joe Wright は今までやった事ないタイプのGig(本番のこと)だから緊張するって言ってたけど、すごく面白かった。


ハープの友達、Elenは数日前にリサイタルがあって、そこで
ブリテンのハープ組曲を弾いたのだけれど、リサイタルが終わって練習から開放されて
彼女が居間でくつろいでいると、
またブリテンの終楽章の旋律が聞こえてくるではないか
ひええーーっ!
どうもJoeがとてもその曲を気にいってしまって急遽今度のGigに取り入れる事にしたんだそうな。



これがそのブリテンのモティーフを使った曲の一部です。



しかし感心したのが、エレンの彼のハイテクぶり。

36724_1536244852383_1422714097_31452063_1918973_n.jpg

パソコンと何やらiPadのようなボードといろいろな機材をつないで、演奏しながら足の指まで使って操作していく。
事前にとっておいた音を足や、七色に光るボードを操作して聴いた事ない音を生み出してゆくのです。
自分で今吹いた旋律を、その場で録音して多重録音して流していく。
すごーいすんごーーい!彼、賢いんだね!と私が感心していたら、
エレンに「彼は私のものだよ~っ」と言われました
ジンジャーヘアーのエレンは陽気で楽しくてとってもかわいい。
あはは。私はあんたの彼よりあんたが好きよ。


Joeは3月からこの日のために用意していたそう。


イギリスが誇るコンテンポラリー、ベンジャミン・ブリテン(の、しかもハープ音楽)とロンドン風ジャズの若者による融合。
すごい!ここでしかあり得る事のない組み合わせの妙にちょっと感動。

36724_1536244892384_1422714097_31452064_1441468_n.jpg

エレンとクラシックギターのアナスタシア。アナスタシアはウクライナの出身だったかな?
もうひとり英国育ちの韓国人ジミンもあわせて、とても仲良し。
三人とも10歳頃から本格的な英才教育を受けてきたそう。家族と離れて暮らす期間も多かったようです。



こないだ、ちょっと驚いた事がありました。

イギリスでない国でスコットランド人やウェールズ人に会った時、
「あなたはどこの国の出身?」と聞くと、「ウェールズ。」とか「スコットランド。」と答えるのです。
アイルランドの半分は独立してるけど、ウェールズも?と思ってしまいました。

イギリスは、私達はなんとなく一つの国だと思っていたけど、そういえば「連合王国」なんですよね。
その感覚は、なんとなく海外で外国人に「どこからきたの?」と聞かれて、「本州」と答えるような感じがしていたのですが。

学校のクラスにもウェールズ人、スコットランド人、イングランド人がいますがそれそれに違いを感じます。
特にウェールズはウェールズ語というやたら子音の多い言語が第一言語だし、ウェールズとスコットランドはとても独立した意識が強いように感じます。
日本でいう、アイヌ語や琉球王国のような感じでしょうか。

一方、イングランド人のほうは、なんとなくのほほんとしているというか、
そんな独立心のような物は感じられないように思います。
我々、本州の人間にも、こんな鈍感さがあるのかもしれません。

ま、それぞれの個性もあるから、狭いクラスの中の人間観で一概にはいえませんがね。



この独立意識はサッカーの観戦時にも発生。
イギリスの音楽の国、ウェールズからはたくさんの音楽学生たちがロンドンに学びにきています。
なのでアカデミーのウェールズ人の割合はとても多い。
味方が少なくて寂しくなったスコットランド人のメアリーは、エレンが今すぐ結婚すれば味方が増えるもん!
と、頑張っていました。今すぐって!!!つきあったばっかでしょ!?ってみんなに突っ込まれてましたけど w


Joeはドイツ系スコットランド人。Elenはウェールズ人。
ジャズサックスプレイヤーとハーピスト。
この狭い、ローカルなつながりの中でしか生まれない融合。


おもしろいなあ うふふ。




みなさまのコメントと拍手が励みになっています
筆無精な私ですが、ぽちっと押して頂けると嬉しいです
blogram投票ボタン

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://aihp.blog33.fc2.com/tb.php/149-cc9671cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Extra

プロフィール

aco

Author:aco
ハープ弾き いわき晶子
現在ロンドンで修行→帰国
オーケストラで演奏するのが大好き。
最近は歌+ハープのプログラム開拓に、はまっています。
http://acohp.web.fc2.com/
http://www.facebook.com/iwakiakiko
http://www.youtube.com/user/acoharpe
https://twitter.com/acohp

最近の記事

aco's now

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。